バイアグラの効果の個人差

バイアグラの効果

自分がED(勃起不全)であるとは全く思っていない人がいるとします。バイアグラはそういう人にも役に立つのでしょうか?嬉しい驚きがあるかもしれません。

 

バイアグラをめぐる驚異的なうわさを聞けば、勃起不全ではない男性でも、自分が飲んだらどんな効果があるのかを知りたくなるのは当然ではないでしょうか?

 

セックス体験が向上するだろうか?いつもより硬くなったり、長続きしたり、一晩に何度も勃起したりするのだろうか?

 

バイアグラの販売が始まって一か月もたたない頃の時点で、すでに週当たり30万枚と言うペースで処方箋が出されました。これは新薬販売量の驚異的な新記録です。

 

こうした疑問の答えになる声が続々と集まってきています。そうした声を聞くと、バイアグラには知られていない効果もあるようです。

 

もしあなたが「勃起機能のある」男性で、バイアグラを試してみようと考えているのなら、バイアグラを服用した人の様々な感想や口コミを調べてみてほしいです。

 

バイアグラの適応症はED(勃起不全)

 

バイアグラの効果

FDAのバイアグラの認可が下りる前に、ファイザー製薬は4500人の男性を対象にして、厳密な臨床試験を行い、その結果を分析しました。対象者は年齢が19歳から87歳と幅広く、背景や居住地も様々です。

 

1つだけ全員に共通していたのは、過去5年間、勃起不全(昔のいい方ではED(勃起不全))に悩まされていることです。バイアグラは勃起不全の治療薬としてその効果を検査されたであり、FDAが認めた適応症も勃起不全だけなのです。

 

事実ファイザー製薬者のFDAも、バイアグラを勃起不全の患者にだけ処方し、そのほかの人間には処方しないように、強く勧告しています。

 

ファイザー社はバイアグラは正常な人間にはテストしていないので、、正常者が服用した場合、勃起不全者だけを対象に行われた臨床試験では明らかにされなかったリスクがあるかもしれないと指摘しています。

 

だが、クスリがいったん認可されると、医師は適当と思われる人や効果がありそうな症状なら、制限なく処方できるのです。

 

実際、公式に適応症として認められていない症状に対して、高い効力を示す薬はたくさんあります。

 

したがって勃起不全と診断されていない人がバイアグラを服用するのは推奨されていませんが違法ではありません。



このページの先頭へ戻る