バイアグラの効果の個人差

バイアグラの効果

自分がED(勃起不全)であるとは全く思っていない人がいるとします。バイアグラはそういう人にも役に立つのでしょうか?嬉しい驚きがあるかもしれません。

 

バイアグラをめぐる驚異的なうわさを聞けば、勃起不全ではない男性でも、自分が飲んだらどんな効果があるのかを知りたくなるのは当然ではないでしょうか?

 

セックス体験が向上するだろうか?いつもより硬くなったり、長続きしたり、一晩に何度も勃起したりするのだろうか?

 

バイアグラの販売が始まって一か月もたたない頃の時点で、すでに週当たり30万枚と言うペースで処方箋が出されました。これは新薬販売量の驚異的な新記録です。

 

こうした疑問の答えになる声が続々と集まってきています。そうした声を聞くと、バイアグラには知られていない効果もあるようです。

 

もしあなたが「勃起機能のある」男性で、バイアグラを試してみようと考えているのなら、バイアグラを服用した人の様々な感想やバイアグラ口コミを調べてみてほしいです。

 

バイアグラの適応症はED(勃起不全)

 

バイアグラの効果

FDAのバイアグラの認可が下りる前に、ファイザー製薬は4500人の男性を対象にして、厳密な臨床試験を行い、その結果を分析しました。対象者は年齢が19歳から87歳と幅広く、背景や居住地も様々です。

 

1つだけ全員に共通していたのは、過去5年間、勃起不全(昔のいい方ではED(勃起不全))に悩まされていることです。バイアグラは勃起不全の治療薬としてその効果を検査されたであり、FDAが認めた適応症も勃起不全だけなのです。

 

事実ファイザー製薬者のFDAも、バイアグラを勃起不全の患者にだけ処方し、そのほかの人間には処方しないように、強く勧告しています。

 

ファイザー社はバイアグラは正常な人間にはテストしていないので、、正常者が服用した場合、勃起不全者だけを対象に行われた臨床試験では明らかにされなかったリスクがあるかもしれないと指摘しています。

 

だが、クスリがいったん認可されると、医師は適当と思われる人や効果がありそうな症状なら、制限なく処方できるのです。

 

実際、公式に適応症として認められていない症状に対して、高い効力を示す薬はたくさんあります。

 

したがって勃起不全と診断されていない人がバイアグラを服用するのは推奨されていませんが違法ではありません。

 

バイアグラは世界中で人気

 

バイアグラは世界中で人気

1998年3月にアメリカ発信の世界的なニュースが駆け巡りました。勃起不全の治療薬が遂に発売されるというものでした。その薬の名前はバイアグラです。

 

この薬ほど多くの人から歓迎され、多くの人が購入した薬はいまだかつてありません。

 

バイアグラはもともとは心臓病患者さんのために開発されていた薬でした。長い間臨床試験が続けられていました。

 

その臨床試験で、製造元のファイザー社があることに気が付きました。それは、臨床試験のデータが取れたので試験が終わっても、被験者の男性たちが薬を返還したがらないということでした。

 

担当者は不思議に思って、調査を始めました。すると、この心臓病の治療薬が、男性の勃起機能に絶大な効果をもたらしていたのです。

 

それから先は急ピッチで話が進んでいきます。そのまま開発がすすめられ、バイアグラの販売が開始されると、3か月で200万マイ以上の処方箋が発行されました。

 

このニュースは瞬く間に世界中に広がり、日本でも一刻も早く夢の薬バイアグラを手に入れたいと、診断と処方箋目的に海外へと飛ぶ人が急増しました。

 

ハワイなどでバイアグラを買ってきた日本人が、あまりにも多くのバイアグラを持ち込み税関でチェックされることも報道されました。

 

個人輸入代行業者には毎日1000件以上の問い合わせが毎日のように殺到しました。

 

このころは日本でもバイアグラについての興味が最高潮に達していたので、特集報道が組まれ、そのために、バイアグラを特に必要としていない人たちも、「バイアグラを使うことで、今以上強く勃起できるのではないか」と考える人が急増してバイアグラを求めるようになりました。中には自信の性感を高めるためにバイアグラを購入したいと考える女性の姿もありました。

 

バイアグラが買い求められたのは、日本とアメリカだけではありません。ブラジル、メキシコ、イギリス、台湾、体、イスラエル、イタリアなど様々な国の男性がバイアグラに群がりました。

 

男性を興奮させる媚薬代わりにバイアグラが使用されるケースがありますが、このころはどんな漢方薬や生薬よりも効果があると考えられていました。

 

今でも、バイアグラは本来勃起不全の治療薬なのですが、健康な人もこの薬をほしがる傾向があります。健康な人が使ってもそれほど効果を得ることはできませんし、副作用などの危険なリスクをあることを十分にわかっていない愚かな行動だともいえます。



このページの先頭へ戻る